理想の眉を手に入れる

実際にアートメイクを自身のパーツのどの部分に施したいのかと問われれば、多くの方々が迷わず「眉」を挙げられる事でしょう。素顔では普段から剃り落としているのかと見間違える程に薄い、左右が不揃い、何とも輪郭がボケていて、表情自体が弛んで映ってしまうなど、眉が自身の大きなコンプレックスと嘆く声は潜在的に数え切れません。

皮膚のごく浅い箇所に、医療的に安全が確認された色素を注入する事でアクセントを強調するアートメイクの手法自体は、タトゥーとの共通点が見られますが、施術後が大きく異なります。一旦施すと消すのが極めて困難なタトゥーに対し、アートメイクは時間の経過と共に自然に薄れて行きます。私達の顔は年齢と共に変化を見せるため、その時々にマッチした必要最低限のアートメイクを施す事で、素顔というお化粧の土台のランクアップが叶います。更にお化粧自体の流行の変化に関しては、この先近未来の展開の予想が難しくて当然です。一定期間毎の効果が得られるアートメイクだからこそ、こうした時流とのズレを懸念する必要もありません。また美容整形とも違い、顔のパーツ自体にメスを入れる訳では無く、中長期的な未来に起こり得る不安な状況への懸念もありません。

Pocket